メッゼ風 comme Mezze









e0206902_13565975.jpg








パリの雰囲気が少し苦手になっている..
パリが変わったのと、私が変わったのと両方だと思う。

渦の中にいる時はわからないこと、

気を取り直してお料理っ






e0206902_1433423.jpg





e0206902_1463033.jpg







気温が上がってくるとすうっと自然と手が伸びるキュウリ
夏の定番ギリシア料理のサジキ、ユダヤのファラフェルととっても良く合います







e0206902_14125867.jpg






e0206902_14171343.jpg







小ぶりな紫のアーティーチョークはレンヌのマルシェで買ったのですが
せっかくならブルトンさんと一緒に食べたい、と思って
パリまで運んで来ました。
軽く蒸してオリーヴオイル、ニンニク、イタリアンパセリをまわしかけて
酒のつまみ、あっという間になくなってしまう。

普段、ブルトンさんは前菜、メイン、フロマージュ、デザート と
それぞれの領域をしっかり分けて食べる典型的なフランスのお方なので
レバノン風、メッゼスタイルのお食事は
二人だけでも何だかパーティーっぽくて楽しい☆

[PR]
Commented by tomomato at 2014-06-17 15:14
オクタゴナルのお皿にアラブ風のお料理がやけに似合って、でもおしゃれで素敵ね。 アーティチョークいいよね== 去年は取れ放題で食べきれなかったのに、 この冬全部ネズミにやられた!!!(涙)
Commented by oliverlocca at 2014-06-17 20:54
pot-eriさん、ボンジュール!又レストランレポートかと思いきや、
pot-eriさんのお手作り ♪ 素敵素敵! 真似っこさせてもらいたい
ものがワンサカです:)ありがとう〜:)
将来は、ブルトンさんの様に前菜、メイン、フロマージュ、
デザートって憧れスタイルを実施することを目指して:)
でもフロマージュってきたら、どうしても毎回ワイン飲みたく
なっちゃうねー。 和食の一汁三菜も目指してます。
pot-eriさんからも、いつも本当にインスピレーション頂いてます:) 感謝 !!
Commented by africaj at 2014-06-18 10:02
こんにちは。
アーティチョークが簡単に手に入るって、羨ましいっ。
私、アーティチョークってどうしても勿体無くて芯より一回り大きく残しちゃって、アクが強くなっちゃう(笑)でも、大好きなのです。美味しそうっ。
ブルトンさん、メゼスタイルも楽しんでくれる柔軟な人でよかったですね。
Commented by pot-eri at 2014-06-18 16:36
tomoさん、アーティーチョーク取れ放題なんて羨ましい、
憎っきネズミだね! お蛇さまに頑張っていただかないと◎
アーティーチョーク、本来ブルターニュ産はこの二まわりくらい大きいもので、
大なべで茹でて一人一個、ビネグレットソースを添えてむしりながら
食べるのだけど、私は小ぶりなアーティーチョークのこの食べ方の方が好き☆ 
アーティーチョークの花も芸術的ですよね。
Commented by pot-eri at 2014-06-18 16:43
loccaさん、これはお家居酒屋でした(笑)
英国の人は前菜、メイン...って分けて食べないの?
フロマージュの時は赤ワインほぼ必須です!
私も一人の時は一汁三菜が理想、ほっとするよね◎
Commented by pot-eri at 2014-06-18 16:50
africaさん、来年のafricaさんの畑はアーティーチョークかな?
私も、アーティーチョークは剥きながらいつも疑問が残ります、
以前は茎も短く落としていたのだけれど、食べれるってことに気づいて
なるべく残します、それでもどんどん剥いて、切って、小さくなって
もったいないなー、と思うのはafricaさんと一緒!
山ほどでた屑はコンポスト行きなので気持ちは少し救われます。
Commented by paprica at 2014-06-20 13:30 x
わぁ〜☆ pot-eriさんのファラッフェル、すんごい美味しそう〜〜!!それから、ブルトンさんっていつもコースでご飯を召し上がるのね… すごい… いつもワンプレートディナーの私たち… 恥ずかしくなっちゃいました。pot-eriさん、ちゃんと(しかもとってもきれいに)作っていて偉いなぁ。
アーティチョークってこうやって食べると美味しいんだ!いつもスーパーでみかけながら、どうやって食べるんだろ、って眺めてます。 美味しそう〜。
Commented by pot-eri at 2014-07-04 20:44
papricaさん
返事が遅くなってしまってごめんなさい。
ファラフェルは、きーさんのレシピですよー☆
ブルトンさん、コースで召し上がるって言うより、フランス人は
一度に沢山の小皿を前にバランス良く、ということに慣れていなくて
スープでもサラダでも何でも良いから前菜を一つ食い、
メインの一皿食い、その後チーズとサラダ、デザートは林檎でも
ヨーグルトでも何でも良いのです。コースとはほど遠いよー(笑)
こぶしより小さめくらいのアーティーチョークは、こうして食べます。
最近私は蒸しているけれど、オリーブオイルをまわしかけオーブンで
焼いても美味しいよ、ビクトリアで見かけたらやってみてね。
by pot-eri | 2014-06-17 14:19 | | Comments(8)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30