窓枠来たる&六月の庭 l'arrivee des fenetres et le jardin du mois de juin







e0206902_86373.jpg






やっとやっと窓!
古いもの好きなpoteriですが
工事現場に新しいものが加わると凄くうれしい!

abeilleさんに紹介していただいたとても腕の良い窓.扉職人さん、
見積もりを依頼したのは確か昨年の11月、
それからずーっと見積もりを待つこと3ヶ月…
そして今度は注文の最終段階になって木材をどうするかで私が悩み、
4月の終わりに窓は仕上がっていたのですが、なかなか取りに行く事が出来ず
6月に入って、ようやく受け取りに行くことが出来ました。 

この程度の大きさの窓でも二重硝子なのですごく重い、
ブルトンさんと「1.2.3」と掛け声をかけながら階段を一段ずつ
屋根裏部屋までふーふー言いながら上げました。



今回は予算の都合で、新しく開けた窓と屋根裏の分だけです。
これから少しずつ、他の窓枠も取り替えていきたいなぁ。。
でもそれは、家の工事の優先順位からすると後のほうになってしまう(涙)

木材はオークにしました。
むくの木の風合いが好きですが、
未来の家は歴史保存地区にあるので外側はペンキを塗らなくてはいけません。
内側は樹脂の塗料だけ塗ってそのまま残します。






e0206902_865249.jpg






全体を軽くヤスリがけしたら、テーピングをして






e0206902_874075.jpg






このグレーは下地塗料の色です。
ペンキの色もずーっと悩みました。
薄い水色グレーの窓枠にずっと惹かれていたのですが、
色々考えて、イメージして、深い夜のようなブルーに決めました。

ペンキはエコロジーのブランドでなく(すみません)
英国のブランドFARROW&BALL、





e0206902_883771.jpg





ここの色のニュアンスとテクスチャーが好きで以前から家具を塗り替えたり
するのにちょこちょこ愛用していました。
多分、そんなに環境に悪いものは入っていない、かな?

ペンキの色はどんなに綿密にカラーチャートで選んでも
実際に塗って仕上がってみないとわからないのでまだドキドキです。
仕上がったらまたお披露目しますね。






e0206902_892279.jpg






ネギ坊主のオバケ、
あれ? 思っていたのとちょっと違うなぁ
もっとまん丸のやさしいむらさきの子のつもりでいました。
お花も実際に咲いたのを目にするまではよくわかりませんね。
来春の課題です。






e0206902_8111646.jpg







白い薔薇、
この古い家の契約成立のあと、お庭を持てることが嬉しくて
一番最初に巴里で買った鉢植えです。
正式名は知らないので《パリジェンヌ》と呼んでいます。
花屋のお兄ちゃんは「イングリッシュローズ、多分デヴィットオースチンだよ」
と言っていたけれど、違うと思います残念ながら。

あれからオールドローズと出合い、
パリジェンヌちゃんへの愛がちょっと薄れてしまっていたのですが
どの子よりも強健で、少し遅咲きなのかな?
二年目にして蕾を沢山つけてくれています。
どんなお花だったかも忘れかけています…ごめんね、
買った時は貴女のうつくしさにときめいていたはずなのに。。


そして、プチジャングルで息絶え絶えだった紫陽花も
ようやく晩秋にここに植え替えたら ほら、





e0206902_8135319.jpg






今年は何年かぶりにお花を見ることができそうです。

 




e0206902_8145227.jpg






パンも良い感じに焼けました。
冷凍庫で眠らせていたkoboco No5 くらいかな?
メープルシロップと赤ワインをちょっと入れてみました。
(飲みながらパン捏ねてた勢いでね、いれてみました)

パンの旅はまだまだ続くー


[PR]
Commented by africaj at 2014-06-06 23:33
古いものも素敵だけれど、自分のイメージに合ったものを作ってもらえる、新しく作るものは、気持ちにぴったりきて、嬉しいものですよねっ。
poteriさんおおうちって、どのくらいの規模なのでしょう。まだまだかかりそうなのですか?
窓を作るのでも、半年以上・・・フランスは、だから古いものもいっぱい残っていて素敵だけれど、大変な作業ですよね。頑張ってね!
Commented by paprica at 2014-06-07 04:42 x
光が差し込む屋根裏のスペース、素敵~。新しく作ってもらった窓だって、新しいのにぬくもりがあって古いおうちにぴったりですね♪ F&Bのペンキのみを取り扱うお店、ビクトリアにもあるんですよ。でもとても高いです。個性的な良い色を作ってもらえるみたい~。
窓のペンキ塗りが終わったら、ぜひ紹介してくださいね!楽しみ♪
Commented by pot-eri at 2014-06-07 05:12
africaさん、ありがとう。
窓を作るのに半年以上はフランスでもちょっと特別かもしれないけれど、
大体、こんなペースだからpoteriがやってゆけるのだと思います(笑)
poteriの家の規模ですが、、、(汗)
africaさんのところに遊びに行ってお答えしますねー♪
Commented by pot-eri at 2014-06-07 05:19
papricaさん、屋根裏部屋はね、光りがいっぱいで気持ちよいのだけれど
まだ断熱材も入れていないので、お天気の良い日は暑いっ!
ビクトリアにもF&Bのお店あるのですね、私は今までパリの東急ハンズ
みたいなお店で買っていたのだけれど、今回はブルターニュ(レンヌ)で
扱うお店を見つけました。F&Bで色も作ってもらえるって知らなかったー 完成したらアップしまーす! コメントありがとう☆
Commented by tomomato at 2014-06-07 05:45
歴史保存地区だと窓にペンキを塗らないといけないの? それも不思議ね。 とっても素敵なオークのクラッシクスタイルの窓、poteriさんちに似合うわ〜〜 クラッシックンで暖かなお家になるのね。 わくわくどきどきね。^ー^
Commented by pot-eri at 2014-06-07 15:14
tomoさん、そうなの、本当は私もtomoさんのお家みたいに、
木肌をそのままナチュラルに残したかったのだけどダメなのですって。
歴史保存地区なのに勝手にプラスチックの窓にしちゃってるところもあるのに!(怒) うちも一部プラスチックの窓が入ってしまってて、
早く取り替えたいー
Commented by oliverlocca at 2014-06-08 17:43
素敵な窓が届いたね。そしてFARROW&BALLの缶のデザインが
格好良い! そう言えば、ずーっと伝え忘れてたんだけど、
NHKのプロフェッショナルという番組で岐阜の左官屋さんが
登場した回があって、きっとpot-eriさん楽しめるのでは?と
思いました。Youtubeの
https://www.youtube.com/watch?v=yQAT6osbIE0
で見られます。後はパリで活躍する鈴木健次郎さんのエピソードも
感動でした。もし興味あれば、こちらは
"プロフェッショナル 仕事の流儀 一針の美学 鈴木健次郎" で
検索してみて下さい。
ちなみに主題歌の
https://www.youtube.com/watch?v=F-d-0YmRagY
歌詞は中学校の教科書にも取り上げられてるそうです。
ぐっときちゃいます:)
Commented by pot-eri at 2014-06-10 05:14
loccaさん、 窓、やっとやっとです。
素敵な情報どうもありがとう。
番組を観てわたしのこと思ってくれたの、とっても嬉しい。
これからゆっくり観てみるね。
by pot-eri | 2014-06-06 08:17 | 未来の石の家.アトリエ | Comments(8)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31