久しぶりのパリ  Paris apres une longue absence









e0206902_69483.jpg







日曜の朝、巴里から戻ってきました。
今はまだどっちに゛行く゛のか゛戻る゛のか自分でもよくわからない。
でも、巴里にいると客観的に自分の心模様を観察しているわたしがいて、
どことなく雲の上を歩いている感じがしたりします。

これは昔、初めてのフランス留学を終えて日本に帰った時、
実家の近所の商店街を歩きながら感じた感覚と似ている。
少し前まではふつうのことだったのに、
お店のバックミュージックというものが妙に気になったり、
立ち読みしただけなのに帰り際に「ありがとうございましたー」と言われるコンビニ、
日本語の看板(○○豆腐店とか..)が視界にばんばん飛び込んでくる 
「ここはアジアなのだなー」と。。

違和感を感じているのは私だけで、周りからすると私もふつうに
景色に溶け込んでいるのだと思います。
蚤の市に行くと、ふつうに「やぁ、元気?」と声をかけられ
パン屋のお姉ちゃんはいつもと同じだったりする。

ブルターニュからパリへ行く時は気が重くて、
パリを離れる時もどことなく寂しさを覚える。

今回はブルトンさんに説得(荷物軽減のため)されて、
ココちゃんをパリへ置いてきました。
今週末、一人と一匹が追いかけて来てくれます。

無意識に存在確認するチョロチョロする黒いものが居ない、
誰かさんのために、アニマル(動物性)のレシピを考える必要もない、
純一人暮らし。

それでね、夕べは夕食のことも忘れてチクチク…







e0206902_6104293.jpg






蚤の市ですうっと手が伸びたブラックチョコレート色のベッチン古布のハギレ、
携帯電話のカバーを作り直しました。
裏布は、昔クッションカバーを作った時のモグラ色のシルクのハギレです。
トンボちゃんがポイント☆


そうそう、今回蚤の市で出合った子。
ボケボケなのですが↓ 昔の糸巻き 高さ15cmくらいあります。








e0206902_6122133.jpg






糸は虫に食われてたりするのだけれど、古い木の風合いが素敵です。


[PR]
Commented by astro_terria at 2014-04-29 15:12
あー、いいなー。
パリに行きたいっ。
街の中の建物を見ながら歩いているだけで楽しい(スリに注意だけど 笑)♪
pot-eriさん、器用なんですね。
ベッチンの携帯ケース、かわいいな。
やっぱり、ヨーロッパの蚤の市はいいですね。
歴史があるせいか見応え十分だもんなー。
あー、フランスに行きたい。
Commented by pot-eri at 2014-04-29 16:09
きーさん、コメントありがとう。
パリも大分現代的に変わってしまった部分もあるけれど、
古い歴史は動かせないから、やっぱり凄い街だな、と思いました。
人が多くて疲れる反面、さりげなくとっても素敵な人を見かけたりして
自由を感じます。
私のものづくりは基本をスキップしちゃっていていい加減なの、
でも知らずしらず..と古布のハギレが増えてきてしまっているので
時間をみつけてちょこちょこ針仕事、楽しんでいます♪
ヨーロッパ旅行、叶うといいね、念じるのが一番!
Commented by la_mia_coccolina at 2014-04-29 18:59
こんにちは^^
poteriさんのところにお邪魔すると何だかいつもふんわりと心地よい気持ちになります*^^*
パリに行く時には気が重く、帰る時には寂しかったり。。。場所は違えど、とてもわかるような気がするなぁ。。。
poteriさんには大切な場所が日本にもフランスにもいくつかあるのですね♡ それってとても素敵なことだなぁ。。。と思います。
蚤の市での素敵な出会いは心が躍りますね♪
トンボちゃん、とってもかわいい~
素敵な携帯電話のカバーに、持ち歩いている時も嬉しくなっちゃいそう^m^
そして糸巻き、私も大好きで古いリボンやレースを巻きつけて飾っています♪
Commented by pot-eri at 2014-04-30 05:08
coccolinaさん こんにちは ^^(←真似っこ!)
ふんわりと だなんてありがとう、とっても嬉しいです。
生まれた時から一箇所定住型だったのですが、ここに来て、
ボヘミアン状態、でもこれはこれでいいかなーと思っています。
coccolinaさんにお見せするのは恥ずかしい、私のチクチクですが
気の向くままに作ってみましたー。トンボちゃんはいつまで形を
とどめてくれるのか?です。
coccolinaさんのお家にも糸巻き? うふふ、これ、味があって良いですよねー お揃いっ♪
Commented by oliverlocca at 2014-05-01 06:32
pot-eriさん
パリ ... やっぱり←:) 憧れる、心から♪
そして、pot-eriさんが話してくれたこの"違和感"って感覚が
私はとても好きだと思う。改めて、ふと感じる感覚。
これは心に新鮮味をプラスしてくれる嬉しい要素でもあると思います。
素敵なボヘミアン生活エンジョイしてね。今週末楽しみだね。
ところで 、黒のベッチン! 探すと意外となかなか見つからないの
よね、ここカーディフ。黒のベッチンって微妙でしょ?
"うーん、確かに黒のベッチンなんだけど、ちょっと違うー"って。
これは最高に素敵なチクチクね!
もぐら色の響きもラブリーで最高:)
Commented by pot-eri at 2014-05-02 07:07
loccaさん、
ボヘミアン生活~(汗) loccaさんが言ってくれるようにポジティヴに
わたしはわたしであるしかないものね、いつもやさしいコメントありがとう。
このベッチンはね、実は黒でなくてブラックチョコレート色なの。
モグラ色はフランス人は好きな色らしくて(私も好き☆)、直訳すると
本当にもぐら色なの。 日本の伝統的な色の名前って奥が深くて
とっても素敵なのに、もぐら色はコケルよねー。。
by pot-eri | 2014-04-29 06:15 | 空.つぶやき | Comments(6)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30