poteriさんちの修復工事その後.. les travaux chez poteri depuis le dernier temps..








e0206902_6471485.jpg






覚えていらっしゃいましたか?poteriさんちの修復工事、
まだ続いているのですよ。。

「クリスマス前には終わりますとも!」と自信を持っておっしゃっていらした
腕はピカイチの山さんチーム(石工職人さん)の工事なのですが、
12月中旬からね、ぷっつりいらっしゃらなくなってしまったのです。

「おーい、山さーん」 
...

電話してみても~
「雨続きで地面がぬかるみで作業にならない」 のだそうです
残っているのは外の作業なので、信頼する山さんがそうおっしゃるのでは、
じっと待つしかありませんでした。

山さんチームが消えた3ヵ月の間、年明けからフランスでは工事の消費税が
7%から10%にアップしてしまいました。
この差額の3%は、一体どうなるのかなー??

兎にも角にも、春めいてきた先週のある日、
山さんチームが戻って来てくださいました! 

土地の傾斜のため土に埋もれてしまっている北側の壁の
湿気対策のための地味な工事です。




e0206902_6483296.jpg




ここは我が家からのアクセスが不可能なので、
隣のお宅の細い通路から、シャベルカーの様な機械を通すことももちろん出来ず、
穴掘りも、土砂の撤去も全て手作業、二人の職人さんの
連係プレーでおこなわれます。





e0206902_650179.jpg




一人はもくもくと穴を掘り…
もう一人はバケツいっぱいの土砂をひたすら運ぶ…

丸二日かけて、1m50cm位の深さまで掘ったみたい。
ラインがピシッと決まっていて、うつくしいお仕事。
そしてここに配水管を通し、凸凹したパネルの様な板を入れ、
小石を詰めて水はけがよくなるシステムらしいです。

おやつの頃にコーヒーをおすすめしても
笑顔で「ノンメルシー」とひたすら作業、
相当疲れているはずの一日の終わりにも笑顔で私の
作業にアドバイスしてくださる心のゆとり、

ブラボー、山さんチーム☆


えっ? poteriさんは何してるのかって?

相変わらず漆喰前の壁の土台つくりですー




e0206902_6523268.jpg




こういう状態のところの石と石の間の古い土のジョイントを
取っていく作業です。




e0206902_6532282.jpg





ほら、大分進んだ!
この後、金ブラシをかけるのですが、これがあまり好きでありません。
体力使うわりに、成果が見えない。。
壁一面終わる頃には、おーきれいだーと感じられるのですけれどね..
がんばりまーす♪

[PR]
Commented by la_mia_coccolina at 2014-03-26 14:53
poteriさん、こんにちは^^
修復作業のお話もいつも楽しみにしています♪
工事の消費税の3%UPは大きいですね。。。
こちら日本も間もなく3%UPです(涙)
お家の壁の作業も進んでいるのですね♪
金ブラシをかけるという事は、粉塵が凄い事になってしまうのかな?
この石壁の雰囲気もとっても素敵ですが、漆喰を塗ったらまた素敵な雰囲気になるのでしょうね~
私も作業の続きを楽しみにしております^^
Commented by tomomato at 2014-03-26 17:53
いや、奇麗になった石のかべ、すごく素敵です。 滋味な作業でもチリも積もれば山となる、ですよね。 えらいえらい。私はここの所ペンキ塗りです。    うちも湿気対策、最初のうちあちこち大変でした。 穴掘り・・・・
Commented by pot-eri at 2014-03-27 16:40
coccolinaさん、こんにちは。日本も消費税アップでしたね、昔は
消費税なんてなかったのにね。
壁の作業は土埃が舞っています(苦笑)
マスクはいつも二重にして作業してます。
coccolinaさんのお家のリノベもすごく丁寧に進んでいるようですね、
私も楽しみにしています、がんばりましょうねー♪
Commented by pot-eri at 2014-03-27 16:44
tomoさん、tomoさんのお家も湿気対策の穴掘りしたのですね。
昨日はもう穴を埋めていて、後は内側から壁にあちこち穴を開ける
(多分石じゃなくてジョイント部分のはず)と言っていました。
そして、一年間は触ってはいけないそう、tomoさんのお家も
そんな感じでしたか? 色々先は長いよー
Commented by tomomato at 2014-03-27 23:55
pot eriさん、 あのね、 うちはね、 岩の上に立ってるから穴掘り出来なかったの(爆)  岩を削ったのさ〜〜〜〜〜 水が通る所、たまる所の岩を削って水路を造ったり、(原始的) パイプを通したりして・・・でね、そのパイプはなんと床の下を通ってガーデンの方に水が流れるのだ・・・・・・  よく考えたな〜〜〜〜  北側は、 岩に埋まってる(岩が壁・・・・・汗) なので、 そこに水がたまらないようにたくさん水路を造って屋根からの水はそちらに流れるようにしたり・・・・ 頑張ってね〜〜〜
Commented by pot-eri at 2014-03-28 06:45
tomoさん、そうだったそうだった岩の上だものね、
すごいねー、それって正に岩の上のパーマカルチャーシステムですね
うちは今日行って見たら、石に直径4cmほどの穴が15cm間隔
くらいで開けられて、
そこに何だかケミカルなプロダクトを噴射してました。
これで湿気対策はほぼ終了のようです。。
Commented by oliverlocca at 2014-03-28 07:06
pot-eriさん
お疲れさまです。山さんチーム、頑張ってるね。
そして、pot-eriさんの手がけた壁の美しい事!
明るい時間も増えて、嬉しいよね。これからも応援してます♪
Commented by pot-eri at 2014-03-29 04:46
loccaさん、山さんチームは今日行ったらお願いしたお仕事は全て
終えて、きれいにお掃除してありました。ちょっと寂しい。。
残りの壁は私ががんばらなくてはー
週末に夏時間に変わるから、一時間日が長くなって、その分
作業出来るかな、と思ってます。 ウェールズも夏時間でしょ?
少しずつ日が長くなって気持ちよい季節の到来だねー♪

いつもコメントありがとう◎
by pot-eri | 2014-03-26 06:53 | 未来の石の家.アトリエ | Comments(8)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31