外しごとの気持ちよい日曜日 agreable dimanche pour les travaux en plein air







e0206902_1632278.jpg






気持ち良い天気の週末

庭で古布のお洗濯
蚤の市で里親が見つからずに隅っこで丸まっていた手織りのリネンのハギレ
マルセイユ石鹸で気長に浸け置き洗い
ゴシゴシこすってはいけないそうです。


古布にタライで浸かってもらっている間は
おととい食べて日干しにしておいた牡蠣の殻、
(↓これは丸くて平たい品種の牡蠣、とってもおいしかった◎)






e0206902_1642067.jpg





土の養分になるかな、とトンカチで砕いてみました。
砕くと海の生臭いにおい、やや不快のようでいて懐かしい知ってるにおい。




e0206902_16182257.jpg





後から調べてみると(順序が逆っ!)
牡蠣の殻は良質な有機石灰(炭酸カルシウム)で
酸性の土を中和する土地改良材になるんだって。

なるほどー、思いつきでやったこと、
無駄ではなかったみたい。






e0206902_1654532.jpg




芸術でしょ。。


[PR]
Commented by paprica at 2014-03-22 04:27 x
pot-eriさん、マメ~。
リネンってゴシゴシしちゃいけないのですね。。。こうやって、丁寧に優しく浸け置き洗いをしてみたり、貝殻を割って肥料にしたり。。。 pot'eriさんのまわりの時間はゆっくりと気持ちよく流れている感じがする♪ 素敵ですね。
Commented by pot-eri at 2014-03-23 02:51
papricaさん、私マメじゃないのよー。
浸けとくだけのほうがラクだし(笑) 
これはリネンに限らず、古いシミ汚れは普通の洗剤でなく、
マルセイユ石鹸で時間をかけて浸けておくのが良い、と蚤の市の人生の先輩マダムたちに教わりました。 これで大抵の汚れ、シミはキレイになるから、試してみてね。

牡蠣は砕いたのにまだ蒔いてないの、今年は家の工事優先で
庭仕事は二の次になりそうです。。。
コメントいつもありがとう☆


Commented by ritokotoG at 2014-03-26 16:12
わたしも、畑に牡蠣をいれますよー。
教えてもらわなくても、自らやってみるなんてpotoeriさんすごい。
日本では、消石灰というケミカルなもので畑を中和するんだけど
しかも、土壌が酸性か中性か計らずに、ばらまくっ!!!
これなら有機だし、安全ですねー。

石の作業もすごいっ。
漆喰塗りも、慣れるまで大変だけれど
楽しいですね。
手と首は、ものすごいダルくなるけれど、ステキなお部屋になりそう。
わたしも、また漆喰塗りしたくなってきました!
Commented by pot-eri at 2014-03-27 16:54
コトリさん、牡蠣のばらまきも漆喰も先輩だー!
私も土壌を計ることなんて考えてみませんでした(←こういうところが
感覚派(苦笑)) 今年は工事をすすめたいので庭仕事はあまり
出来無そうで、コトリさんの畑仕事とか羨ましくながめています。
来年こそは野菜つくり!

漆喰、私は初めてなのでドキドキ☆ 小さな家だけど壁は全て
やり直すので、全部終わる前には達人になれるかな?
体力がもつようにがんばりますー
by pot-eri | 2014-03-17 16:10 | ブルターニュ.日々 | Comments(4)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31