ブッフドノールと八角形のお皿  Bouffes du Nord et les assiettes octogonales









e0206902_827373.jpg






金曜の夜、パリ北東のBouffes du Nord ブッフドノールへ
わたしの大好きな劇場、多分パリの中で一番好き、なので写真も大きくしてみました。

カメラのピントがあまくなってるのに加え(2、3度落としたせいです...)
フラッシュたかないからピンボケなのですが…





e0206902_8285137.jpg





雰囲気だけでもお伝え出来れば  →☆    →★

朽ちた趣がほんとうに素敵なのです。



この日の演目は、ブルトンさんワールド、、現代音楽でした。
室内楽とナレーター、
1時間20分、ほぼずっと語りつづけるこのナレーター(役者さん)は素晴らしかった。
音楽も、 メロディーのある音楽でないので後には残らないのですが
空気が残る。。


この劇場は舞台から客席へと同じ高さでつながっているので
お芝居でも音楽でもアーチストの息を近くで感じられるのも魅力のひとつ。
今回は予約するのが遅かったので私たちはバルコニー席でしたが…
上から見る眺めも良かったです。
(舞台に延びる白いラインは羽根、さまざまな光の演出で効果的に浮き彫りになります)





e0206902_8293018.jpg





コンサートの後は隣接してるカフェレストランへ、
知り合いにも会えて、ワインと話しがはずみます。
これが巴里の魅力だー とあらためて思うのでした。




* * *



いつか出合えたらいいな、とずっと思っていた
オクトゴナル(八角形)の古いお皿に今朝出合えました☆

うつくしいフォルムとやさしいオフホワイトのLongwy窯のお皿は
二十世紀初~中旬頃のものかな、と思います。
やわらかい土のぬくもり、ところどころチップ欠けもあるのですが、
そんなことまるで気にならないほどうっとり。
大小全部で6点、我が家へお嫁入り ようこそ。

私の買い物を見ていたお婆さんに
「さっきアナタ欠けたお皿買ってたでしょ、何故? 私には理解出来ないわー
うちにもそんなのいっぱいあるわよ」
と首をかしげながら繁々と顔を覗き込まれてしまいました。


早速、ランチのサラダといっしょに。




e0206902_8333726.jpg





ブルトンさんにも「トレ ベル!(とてもウツクシイ!)」と言ってもらえると
やっぱり嬉しい、 ルルル~♪












[PR]
Commented by astro_terria at 2014-03-09 09:27
八角形のお皿って私も欲しいんだけど、なかなか見つからない。
全部で6点もだなんて、いいお買い物しましたねー。
おうちで使う昔の古い器ならちょっと欠けていても味があっていいよね、うん。
Commented by la_mia_coccolina at 2014-03-09 16:11
poteriさん、こんにちは^^
素敵な劇場ですね~ 私もこういうところでゆっくりと音楽や劇を楽しんでみたいなぁ♪
素敵な夜だったのですね☆
オクトナゴルは私もずっと欲しくて、昨夏に初めて一枚我が家にお迎えしました♪
ちょっとしたチップもひびでも、何故だか美しく感じられますものね♡
ルルル~♪ という気持ち、よくわかります~^^
Commented by tomomato at 2014-03-09 16:24
ブルトンさんも古いものが好きなのね^ー^  趣味があってよかった。しかしこの劇場で現代音楽とは、すごいシュール。 あいすぎて恐ろしいです。^ー^  ベルリンより愛をこめて。(ウソ、今日はハンブルグ)
Commented by pot-eri at 2014-03-10 06:13
きーさん こんにちは。 八角形のお皿は南西フランスの方の
特産みたいで、きっとそっちの方のフリーマーケットに行けば
古いすてきなものと出合いやすいのかなぁ、と思っても行く機会も
なかなか...。 6点あるのだけどふつうのディナー皿サイズのものは
無いので、これもまた、いつか出合いますようにー と気長に思っています :-)
きーさんも素敵なお皿と出合えますように☆
Commented by pot-eri at 2014-03-10 06:19
coccolinaさん、こんにちは。
ここは本当に他に無い特別な劇場です、古いもの好きな人には
ドキドキしてしまう劇場です。 
そうなの、ちょっとのチップのうつくしさ、分かち合えて嬉しいです!
ありがとう☆
Commented by pot-eri at 2014-03-10 06:25
tomoさん、ハンブルグから~コメントありがとう!
それがね、ブルトンさんは古いもの好きではないのです、新しいもの好き
でもないのだけど... オブジェにそこまで関心の無いヒト(笑)
なのにチップのあるお皿に対してうつくしい! と賞賛してくれたので
びっくり、嬉しかったの。 ブルトンさんと共通するのは音楽かなー
.. これも微妙に違ったりするのだけど。。
Commented by oliverlocca at 2014-03-10 15:33
pot-eriさん
ボンジュール:) すってきな劇場! 行ってみたいー♪
さすが巴里ね。そして巴里に魅せられたイギリス人も沢山
いるのね。本当に、素晴らしい。過去のエントリーも読ませて
もらったけど、やっぱりこういう機会がある事って都会の醍醐味。

八角形のお皿、私も憧れ。欠けているお皿を愛でるのは
侘び寂びの世界にも通じるのかしら? ブルトンさんが喜んで
くれて、良かったね:)
ところで ... 先日 pot-eriさんの記事に又リンクさせて
頂きました:)ありがとう♪ 素敵な一週間を!
Commented by pot-eri at 2014-03-10 18:01
loccaさん ボンジュール☆ ピーターブルック氏の作品は一度だけ
この本拠地で観ることが出来て、モーツァルトの『魔笛』ブルック版
素晴らしかった、忘れられない思い出です。
巴里は世界中から集まる才能ある人々で成り立っている街、
文化のレベルは本当に凄いです。 そしてこの街の魅力は
゛人゛だなー、と今回しみじみ感じています。(変なヒトもいっぱいいるけれど...)

リンクどうもありがとう♪

by pot-eri | 2014-03-09 09:13 | おでかけ | Comments(8)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31