空まめと羊  la feve et le mouton








e0206902_522073.jpg







土曜の朝、ゆっくりヨーガをしていたら
マルシェに行くのが随分遅くなってしまい、着いたら12時過ぎ
マダム.ド.リュネットの野菜のスタンドは残りもの~ という感じでした。

でもね、ずっと探していた乾燥空マメが!!
私の目をテンにした、きーさんのファラフェルレシピ →*
ひよこ豆に空マメを混ぜるともっと美味しいとあって、ずっと探していたのです。

こんな風に、待っていてくれるって、なんて素敵なのでしょう。



e0206902_5225858.jpg




フランス語で空マメはfeveというのですが、これはfeverolle となっていて
少し小粒の品種みたい。

夢の空マメ入りファラフェル! レンヌの家にはフードプロセッサーが無いので
パリへ行ったら作ります。

後は羊農家のおじさんのところで、チーズとヨーグルト、
今日はお買い物以外に重要な質問があったのです。
それはね、

「そろそろ羊の毛を刈る頃ではないかと思いますが、羊さんの毛、
譲っていただくこと出来ますか?」 と(私)

「あまりそういうこと頼まれたことないけれど問題ないはずだよ、
毛を刈るのは私の息子の担当だからコンタクト取ってみて」 (名刺をくれる)

「刈るのはまだ3月の終りか4月くらいだけどね、ところで何に使うの?」

「家の断熱(防音)材にです」(私)


断熱、防音材についてはブルトンさんとやや意見が食い違い、
まだ決定ではないのですが、私としては自然素材を使いたくて悩んでおります。
羊毛もロールになって出来ているものもあるのですがコスト高になるetc…
今日おじさんと話していてショックだったのは、断熱材用の羊毛は
フランスの羊農家からベルギーに買い取られ、そこからアフリカへ渡り
更に中国へ渡って洗浄され、ヨーロッパへ戻って来るそうです。
何でも、羊毛を洗浄する特殊な技法がフランスでは禁止されているそう…

特殊な技法って何なのでしょう? 怖~い薬品とか使うのかなぁ??

断熱材に使う羊毛は洗わない方が良い説と、洗うべし説に分かれまだまだ勉強が
必要そうです。




e0206902_525011.jpg




悩むなー と頭をぐるぐるさせながら、
週末だから昼間からワインとパンとおじさんの羊のチーズ
この3点セットはフランス人にとって極上のしあわせ、
もちろんアジア人の私にもです。

[PR]
Commented by astro_terria at 2014-02-23 05:49
空豆、見つかったんですねー。
水に一晩浸した後、殻をむいて使ってみてね。
殻はすんなり取れるはず!
断熱材用の羊毛のお話、ルート的にちょっと怖いですね。
冷凍のむきエビやシーフードミックスを思いださせるわ、、、。

ワインとパンとチーズ、毎日お昼に頂きたいものです 笑。
私も大好き。
↓うちの父親、山や川など自然が大好きなヒトだったんです。
山に入ると植物と同一化して見失うと一緒に行くヒトに言われていたそう。
で、仕事上、炭の上で焼きとりなどを焼いていたので鶏の半身や鰻、八つ目なんかもたまに焼いてくれたんです。
Commented by tomomato at 2014-02-23 06:00
蚕豆入りのファラッフェル、美味しそう^ー^ 今度作ってみる〜〜〜 ^ー^    羊毛の断熱材、 蛾は大丈夫なのかしら? 虫除けの加工はするの???   もしうまく行ったらいいね! 
Commented by pot-eri at 2014-02-24 05:40
きーさーん!
私の方から空マメ見つかったってお知らせしようと思っていたのに、
早速コメントありがとう☆ そして殻むくのね、良かった、教えてもらって
早くパリへ空マメ持っていって作りたい! 食べたい!

ほんと、このルート怖いよね、そしてこれが100%仏産羊毛エコロジー断熱材として世に出回るわけだから...。

山に入ると同一化するお父さん、素敵です。
Commented by pot-eri at 2014-02-24 05:54
tomoさん、イタリアやスイスは乾燥ソラマメ簡単に見つかるの?
フランスは私の探し方が悪かったのか、やっと見つけましたー。

羊毛の断熱材、そうなの虫のことが気になっています。。だからまだ
決定じゃないの、でもこのペースだと次の冬も断熱材無しのままに
なるかも... tomoさんのところの鉱物の断熱材ってフランスだと
何なのでしょ? あー、自分の分野外のことなので疲れるー。。
Commented by tomomato at 2014-02-24 06:57
虫は、やっぱり気をつけた方がいいよ〜〜〜  あと、加工していないオーガニック素材は、 カビと、火事に気をつけた方がいいよ〜〜。 すごくよく、また安価な断熱材は、 木屑だった。 でも加工しているやつ。フランスではないだろうか? 空気をたくさん含んですごくいいよ。 圧縮された木の繊維のボードは、便利だけれど値段が張る・・・ 鉱物系の断熱材、絶対にフランスにもあると思うよ。 誰か聞ける人、そばにいないかしら??? オーガニック建築に興味のある人達の集まりとかあればよいのに! パリとかなら絶対にそういう人見つかると思うのだけれど? 
Commented by tomomato at 2014-02-24 06:58
あ! 木屑の断熱材は屋根と、一部の壁に使ったよ。 鉱物系は主に壁。 これは外断熱にも使えるらしいよ。 今度製品名を見てみるね。
Commented by pot-eri at 2014-02-24 08:14
tomoさん、ありがとう。
木屑ね、調べてみる!木屑ってヘンプとはまた違うのかな?
ヘンプはネズミに食べられる恐れがあるってどこかで読んだのだけど。
うちは壁は漆喰(石灰+砂+亜麻の木屑)を厚めに塗るだけのつもりでいます。。なので断熱は屋根、それと天井板と床板の間をどうするか、
もっと勉強しなくてはー。
Commented by tomomato at 2014-02-25 01:21
壁は、 漆喰を塗るだけのつもりならば、やはり木屑が一番いいよ! 断熱材の素材としては、ヘンプがやっぱり最高みたいで、ちゃんと加工したもの(動物、虫、カビ、火よけ)だと一番お値段がはってた・・・・ うちの木屑の断熱材は、 本当に大工さん(大きな所)がだした木屑を、引き取って加工して売る所がドイツにあって、 その支店? 見たいなのがスイスの直ぐ近くにあるのでそこで買ったの。 木屑だけだとやっぱり防火、防カビとかにはならないから、加工していないとちょっと心配。この記事に木屑について書いたよ。
http://tomomato.exblog.jp/16238960/
http://tomomato.exblog.jp/19153160/
Commented by pot-eri at 2014-02-25 05:16
tomoさん、手取り足取りありがとー(嬉涙)
よし、ヘンプね! tomoさんのページに今から飛びます!
いつもありがとう◎
by pot-eri | 2014-02-23 05:27 | ブルターニュ.日々 | Comments(9)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31