晩秋庭しごと Jardinage de la fin d'automne







e0206902_20244291.jpg





未来の裏庭に球根を植えました。

チューリップと、
名前を忘れてしまった、背丈が60cmくらいになる
ネギ坊主の生まれ変わりみたいな紫色の花と、

木陰にはスズランを。

夢の庭は自然農で植物がボウボウ共存している
庭と野原のぎりぎりくらいなところなのですが、
パーマカルチャーのように丸きり雑草を抜かないわけにもおれず、
なるべく浅い範囲で抜くようにしています。
だから、またすぐ生えてくる (笑)





e0206902_202619.jpg




キオスクでパラパラ立ち読みしていたら、
パーマカルチャーについて書かれていたので
なるべく雑誌は買わないようにしているのに、50秒くらい考えて購入しました。
フランスではまだあまりパーマカルチャーについて聞かないので
世の中がそういう流れになってきているのなら、うれしい。





e0206902_20264596.jpg



l’art des JARDINS という雑誌です。


先月マルシェでひとめぼれした鉢植え、
食用にはならないセージのファミリーだそうです。




e0206902_20274258.jpg



こういう可憐で素朴な植物を増やしたいなぁ。。




e0206902_20282710.jpg




もうすっかり枯葉も散ってしまい、色あせた裏庭、
チラチラ輝くベルベットのようなムラサキがひときわうつくしいです。



[PR]
Commented by oliverlocca at 2013-11-20 04:36
pot-eriさん
ボンジュール ♪ 私もネギ坊主の生まれ変わりみたいな紫色の花、好きです:) 
パーマカルチャーっていう単語、初めて知りました。 
Pot-eriさんのブログは、いつも学ぶ事が沢山です。ありがとう:)

pot-eriさんの庭は、鳥のエサを置いてますか?
ウチに来る鳥達、食べ好みして好きなエサだけより好みして
他のをみんな地面に落としてくれるんです。そして、そこから
雑草が、ものすごい生えて来てビックリしました。
冬はどよーんな季節だけど、庭に沢山小鳥が来てくれるのは
小さくて大きな喜びです。
Commented by pot-eri at 2013-11-20 07:45
loccaさん、ぼんじゅーる☆

ネギ坊主の生まれ変わり、分かってもらえて嬉しいです。
loccaさんも植えましたか?
パーマカルチャーは奥が深く、私も本を読んだだけでなかなか
実践出来ずにいるのですが、やっと自分の庭が出来たので
出来そうなことから取り入れたいな、と思っています。

例えば、loccaさんが鳥にエサをあげて、鳥が糞をして、
それが土の栄養になったり、エサを選り好みして落としたものから
新しい植物が生えてくる。。
そういう自然の循環のことだと思います。
自然の持つ力で補い合ったり、まかなえたり、とっても素敵なこと。

今仮住まい中の義母の庭では、パンを切った後の屑は
鳥にあげる様にしています。 ほんとう、庭に沢山鳥が来てくれる、
それを観察するのは楽しく、嬉しいことですね♪
Commented by tom at 2013-11-21 03:29 x
うちもパーマカルチャー目指して、 結構うまく行っている所に自然農を取り入れようとして見事撃沈 ^0^  お花を植える所や隣の人の畑との境界に自然農は無理だわ〜〜〜  それにやっぱりkumatoさんには雑草をぬかなかったり畑を耕さなかったりというのは難しい.....  そういう作業が好きだし^ー^   で、 畑以外の所も雑草ぼーぼーだと、 すっごいことになっちゃって・・・・・・・ ^0^何事もやっぱり適度が必要っていうか、自然農ってほったらかしとは真逆だな、かえって手がかかることかも? と思いました。  パートナーと争ってまで自然農の方法を貫くのもなんか違うな〜と思ったし。 畑はkumatoさんが主力なので、 アシスタントに徹することにしました。 でも冬は何もしなくても良いからいいわ〜〜〜 
Commented by pot-eri at 2013-11-21 04:04
tomoさんとは、興味を持つところがすごく似ているみたいで、
自分は自分だけど、tomoさんみたいな方がいてくれると嬉しい◎

私も嫌な気配を感じる雑草(?)は思い切り抜いてしまっているし、
この子はいいかなー、というのは適度に放ったらかしにしています
まだ、庭仕事入門編、自分の庭だから色々試して、
失敗してもいいかな と。
昔、日本でパーマカルチャーを実践されているところを見学した時
(安曇野のシャロムヒュッテというところ)
「雑草は足でふみふみしてくださーい」 と仰っていました。
でもなかなか、、ついつい抜きたくなりますよね、

虫を寄せ付けない植物同士の相性みたいなのは、
すごく興味があります。 でもね、まだ全然実践出来てないの。

kumatoさんが創るお庭は芸術的+暮らしに密着していて(食べれるものがいっぱい) いいなぁーと思います。




by pot-eri | 2013-11-19 20:35 | 庭しごと | Comments(4)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31