食生活、黄色いお肌  l'alimentation, la peau jeaune








e0206902_19463199.jpg



レンヌのお義母さんの物置で見つけたル.クルーゼ、ヴィンテージ??


* * *


柑皮症 カンピショウ というのご存知ですか?
緑黄色野菜に多く含まれるカテロイドの濃度が血中で増し肌に出てきて黄色くなる、
カテロイドは脂溶性ビタミンなのでタンパク質、脂肪、油類の不足、
緑黄色野菜の摂取過多によって起こる症状だそうです。
子供がミカンの食べ過ぎで手などが黄色くなる、あれがそう、
最近はヴェジタリアンの人にも多いそうです。
肌が黄色くなるだけで特にに健康に障害はないそうですが..

黄疸との区別は白目が黄色いかどうか、黄色かったら黄疸、
白目に問題なかったらカンピショウだそうです。


それで、わたくしなのですけれどもね、白目は白いのですが肌がキイロ…?!?

先日、母の来仏時に撮った写真を見てショックを受けました。
母と母のお友達と私、色白のお二人の隣にいる黄土色のアジア人(←私、、、)
まるで別の人種のよう。
そして、三人でランチに行ったコリアンレストラン、サービスの女性達の
お肌のうつくしいこと、白くてピカピカのポースレーヌの様なお肌に
うっとり見とれてしまいました。

海外暮らしが長くなって、日本の美白ブームなどにはまるで無頓着な私でしたが、
このままではいけない!(←遅すぎ...) これは危機ですっ! 


ちなみにカテロイドが主に含まれる食べ物はというと、


βカロテン : モロヘイヤ、人参、マンゴ、ほうれん草、ブロッコリー、
      パパイヤ、パセリ

αカロテン : 人参、カボチャ、アプリコット

リコピン : トマト、柿、すいか

フコキサンチン : わかめ、昆布、ひじき、海苔

アスタキサンチン : 海老、カニ、いくら


私がせっせと食べてたものばかりー
せっせと採り過ぎだったのかも… (汗)
(確かに、この日の食事→☆なんてスゴイ...)

柑皮症の症状はカテロイドの摂取量を控えれば自然に治るそうです。
なので今週から、白い野菜 沢山食べてます! (極端?)
白菜、大根、ポロねぎ、フェンネルetc…
果物も毎朝食べてたグレープフルーツからリンゴに代えて、
白いアーモンドミルクも何となく良さそうなので(←いい加減)ゴクゴク飲んだり。。

さぁ、どうなるでしょう??
何ごともバランスが大切ですね。

アユルヴェーダやマクロビオティックに興味を持ちはじめてから、
一時は乳製品も断ってほぼビーガンの食生活を楽しんでいましたが 
(からだとこころに気持ち良かったので)
最近はお魚はもとより卵も良質なものを家でも食べる様にしています。
乳製品は山羊や羊の方が好きですが、牛のお乳のチーズやヨーグルトも少し
いただきます。

夕べは鶏ガラでスープを取って、それもいただきました。
魚はさばけるけれど、鶏をしめるのはやっぱり自分で出来ないなぁ、
などと考えつつ。自分でいのちを絶つことの出来ないものを口にすること、
それはある程度仕方無いのかもしれないけれど、
人間の都合だけを考えた不適切な飼育飼いはやめて欲しいので、
そういうものはどうしても食べられません。
それは魚介類でも、怪しい養殖ものはやめて欲しい…

これからは良い環境で育ったコッコさんは、《いのちをいただく》ということを
思いながら少しいただこうかな、と思い直しているところです。


2013年 11月


[PR]
Commented by paprica at 2013-11-15 05:11 x
初めて聞く名前の症状。緑黄色野菜って身体にいから、モリモリ食べよう!って思うのに、食べ過ぎると色素が肌に出ちゃうなんてビックリ! 肌の色が色白だったり、体質にもよるのでしょうか。私は色黒(どす黒い)だから黄色くなってもわからないかも。
でも、特に身体に害のあることでもないので良かったですネ。

↓の手まり寿司、美味しそう~。器用だなぁ~。柚子胡椒バージョンは、柚子胡椒がご飯とtサーモンの間に入っているのですか?上にのっている緑色はディルかな… 見た目もきれいで嬉しくなりますね♪
Commented by tomomato at 2013-11-15 06:33
パリの旅行も無事済んだのですね。 お母様とお友達、きっと喜ばれたことでしょう・・・ 私も母とパリに行った時を思い出しましたよ、 ほぼ行った所が同じなんだもん(^0^) 船は夜に乗りましたが。 パリ、いいですよね。ただ、 フランス語がはなせないと、かなり苦しいのですよ。フランス人、英語が通じない人が多いです。 プライドがあるから英語を話さないのではなく、本当に話せない人が多いらしい・・・・ 今度いく時にはフランス語を話せるkumatoさんを連れて・・・・ 食べ物は、やっぱり美味しいと思う物を美味しいだけ食べるのがいいですよね。 ところでモモとは、餃子みたいな物?
Commented by pot-eri at 2013-11-15 17:00
papricaさん、ね、私も知りませんでした、あまりにも写真の自分に
驚いてググッてみたのです。 私も色白ではないからほんとに
カンピショウなのか分からないけれど、ちょっと食生活を変えて
試してみようと思います。 昨夜もお料理にパプリカをたっぷり入れるところ、あっこれはひょっとして色素かもと使うのあきらめたり、
マニアックになってます。。 からだの中のカロテンを出す間、と
感じるままにやってますー。
ラップで作る手まり寿司はすごく簡単だからやってみてください、
柚子胡椒はごはんとサーモンの間にチョンッ、たまたまあったフェンネルの芽が出てたので飾りました、これってディルですよね。
Commented by pot-eri at 2013-11-15 17:14
tomoさん、うふふ、入門編のパリ、私も一緒に楽しみました。
エッフェル塔に昇ったのなんて25年ぶりくらいです。美術館も常設展は
意外と行ってなくてこれまた新鮮でした。オルセーで印象派の田園風景とか観るていたら、ブルターニュが恋しくなりました。
最近のパリジャンは大分英語がマシになった様ですよ、日本人は
出来なくても相手に合わせて頑張ったりするけれど、フランス人は
そういう努力はしないみたいです。。。 kumatoさんと私、フランス語でコミュニケーションとれるのですね、うれしー! 

モモはチベットの蒸し餃子です。 あの写真だと何だか分かりませんね...
Commented by はらまき at 2013-11-16 00:58 x
お揃い!
鍋兄弟改め、鍋姉妹。
今夜はかぼちゃを煮ましたっていうか炊きました。
最近美味しい煮方を取得しまして。
Commented by pot-eri at 2013-11-16 04:45
色違いの鍋姉妹、で、
haramakiさんと私も白と黄色の色違い姉妹みたいね。
柑皮症の心配なんて全くなさそうで羨ましいな。。
来月一緒に記念撮影するのが怖いです...
by pot-eri | 2013-11-14 19:47 | | Comments(6)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30