ピサラディエールのピゼット   pizzettes de pissaladiere








e0206902_18205031.jpg






小さいピザのことをピゼットと呼ぶのは
仏語なのか伊語なのか万国共通なのだか知りませんが
いつもは大きい四角いピサラディエールをピゼットバージョンにしてみました。
(ピサラディエールはタルト生地で作るのもありますが、私はバターを使わないピザ生地の方が好きです)




e0206902_18254895.jpg




生地はローズベーカリーのピザ生地レシピをややアレンジしたもので
最近は落ち着いています。
(アレンジしてるので本当のレシピが知りたい方は本を買ってね。)
きょうはレシピなど残してみようと思います。



e0206902_18265267.jpg




ピザ生地(2~3人分/ピゼット7枚位)

小麦粉(T110 ←これはフランスの表示で全粒ではなく七分づきくらい)250g
生イースト  10g
カソナード糖(ブラウンシュガー) 小さじ1/4
オリーブオイル 2,5cl
海の塩   小さじ1


1  ボールに粉を入れ中央をくぼませイーストを指先でちぎって入れ、
砂糖、そしてぬるま湯5clを加える。
くぼみのところへまわりの粉を少し足したら15分ほど置いておく。

2  イーストがふつふつ活動してきたら全体をざっと混ぜ、
オリーブオイルと塩、そしてゆるま湯10cl位を少しずつ混ぜる。
(お湯の量は状態を見ながら調整してください。オリーブオイルもいつも私は大体、目分量です)

3  粉をまぶしたまな板の上で捏ねること10分
生地が艶のあるもち肌になったら薄くオイルを塗ったボールへ戻し
ラップをして冷蔵庫で一晩寝かせる。

4  翌日冷蔵庫から出し、更に1時間ほど室温で発酵させます。

5  鉄板に薄くオイルを塗り、オーブンを200℃に温めておきます。(鉄板も)
  生地をなるべく手早く延ばし(麺棒を使わず手で)
  準備しておいた具をのせ、10~15分ほどで焼き上がり◎



ピサラディエールの具 (2~3人分)


玉ねぎ  中5~8個
オリーブオイル 大さじ2
カソナード糖  小さじ1/2
シナモン(粉) 小さじ1~2(好きな人はたっぷり)
エルブドプロヴァンス 少々
バルサミコ酢  大さじ1
塩、胡椒    少々
アンチョビ   7切れ(ピゼットの数だけ)
黒オリーブ   7粒 (ピゼットの数だけ)


1   フライパンにオリーブオイルを入れ千切りにした玉ねぎをじっくり炒める。
大分やわらかくなってきたら塩、胡椒、エルブドプロヴァンス、砂糖を加え
更にトロッとするまで火を通し、シナモン、最後にバルサミコをじゅっと
加え軽く酸味を飛ばし火を消す。


2   延ばしたピザ生地に1の玉ねぎをたっぷり、
アンチョビと黒オリーブをのせ、オーブンに入れる。



ピサラディエールの焼き上がりはソース焼きそばの様な香りが
台所に漂います。  

ボナペティ!





[PR]
by pot-eri | 2013-09-01 18:28 | | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31