マテ茶とパンとはちみつ Le the Mate, le pain et le miel







e0206902_1925325.jpg









さっぱりしたマテ茶が夏に合うなぁ と思う今日この頃。
全粒粉のスペルトパン第四号と南フランスの副村長さんのはちみつ、
フレッシュ山羊のチーズ、そしてマテ茶、いつもの朝食。

副村長さんのはちみつは本当に美味しい、
スーッとからだに染みとおる◎



e0206902_194857.jpg




* * *


きょうはちょっとつぶやいてみたいと思います。


養蜂家の南仏の副村長さんのところでも昨年、48箱の巣箱がだめになったそうです。
蜂が戻ってこなかった。。。 

ホーグンホーガイショーコーグン 蜂群崩壊症候群

その原因は?
農薬問題、OGM、電磁波、色々な説がある様ですが、
農薬散布はどうして今も続くのだろう? と思ってしまうイノセントな私です。

消費者がいるから、スピードを上げて作り続ける …
そろそろスロウにいきませんか?


「生きてゆくためには仕方ないでしょ、こっちの方が安いのだから」


仕方無くないっ!! 環境の問題は人ごとでない、ということ

『ミツバチが地球から全滅したら、人類もその後4年しか生きられない』
( ~アインシュタイン)

ちょっとの工夫と考え方を変えてみれば、ビオは決して高くないです
消費 = 意思表現
うちのブルトンさんも「ビオは高い」と言うタイプでしたが
最近大分変わってきてくれています(身近なところから教育っ!)

半世紀前に発表されたこの本はご存知の方も多いはず …




e0206902_194569.jpg





レンヌのお義母さんの庭にはコロコロしたミツバチが毎日やって来ます、
鳥たちも自由にやって来ます。

このしあわせを大切にしたい、 マテ茶をすすりながら思う2013夏。

(本当は海のこと(汚染水問題)も書きたかったけれど、重くなりすぎそうなのでやめておきます)









[PR]
Commented by paprica at 2013-08-09 04:03 x
こんにちわ!マテ茶、おいしいですよね。冷たく冷やして飲んだことはないけれど、それも美味しそう~。カナダは涼しいので冷やしたいと思わないんです~。
ハチの話。そちらでも同じ事が起きているのですね。ワタシのすむバンクーバー島も、カナダの西海岸も、ハチの数が数年前に一気に減り、蜂蜜の値段が上がりました。蜂蜜の値段がどうというよりも、蜂達が生きていけない環境なんだという事実にとても動揺しました。この辺りでも個人の庭にハチの巣箱を置きましょう!っていう動きもあるんですよ。本当、仕方無くない問題です。
海の話、また聞かせてくださいね。
Commented by pot-eri at 2013-08-09 06:42
papricaさん、こんにちは。 
環境の問題は自然界からもう十分に警告が出ているのに、人間は何をやっているのだろう? いつになったら気づくのだろう?と 思ってしまいます。。 私も大したことは出来ていませんが、、、 papricaさんのところみたいに地域がらみでのムーブメントはいいですね。 汚染水の話は暗ーくなりすぎてしまいそうです。。いつか機会が来たらつぶやくかもしれません。。。
Commented by oliverlocca at 2013-08-09 15:31
ボンジュール、pot-eriさん♪
パン作り頑張っているのね:) 蜜蜂の激減はイギリスでも
問題になっていて、一昨年は蜂蜜があまり出来なかった模様。
でも去年、今年はちょっと回復した様子。ガーデンセンターに
行くと、蜂が好きな花には、はちのイラストマークが
付いていますヨ:)ウチもなるべく蜂が寄って来る花を、
沢山増やしたいと思ってます。
家の改装は進んでますか?カメラは出てきみたいですね。
それとも買ったのかな? 
pot-eriさん、Interceltic最高よ!
来年はきっと一緒にケルト文化をお祝いできるといいな。
Commented by pot-eri at 2013-08-09 16:16
loccaさん、おかえりなさい!
゛蜂が好きな花を植える゛ それなら私にも出来そうですね。小さなことでも
積み重ねが大事ですものね。
カメラは携帯電話に付いてるカメラで撮ってみてます。画像が今ひとつ、でもしばらくはこれで続けます。。
家の修復は職人さん待ち...天井壊しも疑問が出てきて中断中、なかなかすんなり運びません。。
ケルトのお祭りの模様第一弾は拝見しましたよー、
すごく楽しそうですね。 本当、来年行けるといいな...。
by pot-eri | 2013-08-08 19:05 | 地球.環境 | Comments(4)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30