レンヌより de Rennes




e0206902_21472427.jpg
 

(靄で覆われた朝の日は晴天になる と誰かに聞いたような...)



レンヌに来ています。
ブルトンさんはお仕事でローマ、羨ましい。
(飛行機乗り遅れたみたいです..(汗←でも、もう慣れた))
ローマは真夏の様だそうです。

ここレンヌは春らしいお天気です。
土曜の朝はレンヌ中心の旧市街に立つマルシェに行きました。
規模の大きいのにびっくり! 巴里のバスティーユのマルシェくらい、
で、それが全部野菜のスタンドです。(生ものは屋内マルシェにまとまってます)

野菜のクオリティ抜群
ビオのスタンドもいくつもあって、生産者さんが真面目に地味に売ってるところが
とても好感もてます。お値段もびっくりするほど控えめ。
あれもこれも買いたかったですが、あとまだ二週間くらい一人暮らしなので、
慎みがちにお買い物、
植木屋さんも沢山、野菜の苗も今が植え時、旬の様ですね。

オールドローズ、イングリッシュローズ…
素敵な品種が充実している鉢植えスタンドで釘付けなわたし。
喉から出る手を引っ込める、うぅっ...。
未来の庭、がんばって整えよう!

来週の土曜の朝が今から楽しみです◎



レンヌはブルターニュの県庁所在地ですので都会です(←訂正 )地方都市です。
でも流れる空気が静か、これが本来のヨーロッパの街の空気だな、
と野菜いっぱいの籠を持ちながら思う。(でもひょっとすると土曜の朝だったからなのかも)
巴里の街の構成、建造物はそれはそれは美しいですが
人々のマナーと、気 がそれを乱している風に思います、とても残念。
レンヌでメトロにも乗ってみましたが、その清潔さに日本を思いました。
巴里はやはり酷い。

巴里に憧れて、夢見て、暮らしつづけて18年、
そろそろ手の内からふっと離す、
そんな時が来ているんだな、と感じる今日この頃です。

巴里の暮らしの一番の魅力、文化、芸術。

美味しいものもほんの少し、
たまに、で良いかな と。

[PR]
by pot-eri | 2013-05-05 17:25 | 空.つぶやき | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30