コメツブ   grain de riz

e0206902_21351853.jpg





      新しい契約のコンセルヴァトワールのお仕事、
     昨日は朝から丸一日 
     仏国営ラジオFrance musiqueと絡んだイベントで生中継のコンサート、
     夕方数時間の休憩後(私は家に戻り3時間仮眠をとりました)、
     第二部は0時〜翌朝6時まで、クロワッサンとカフェのプチデジュネで幕を閉じるという、
     働く者には、とっても人道的(!??)、素敵な企画でございました◎

     こういう時は数日前から、心構え、そしてカラダを整えて..
     和食に限りますね。
     コメツブ、お味噌汁... 玄米菜食で底力をつけます。

     春先に判明したのですが、
     実はブルトンさんは私の炊く玄米があまりお好みではない...
     ずーっと何年も何も言わすに食べてくれていた様です!
     可哀想... 
     目の前で食べてて気付かないヒト(わたし)ってすごいですね。 

     彼にとってはモチモチ玄米よりも、サラサラな印度のバスマチ米がよろしいそう、
     それでここ数ヶ月、夏場でサラッとしたものが食べたい季節でもあったので、
     バスマチの五分つき米をココット鍋で炊いていました。
     「このお米美味しい!」と、それはそれは喜ぶブルトンさん、

    
     でもね、底力をつけたい時は、やっぱりお腹に貯まるモチモチ玄米、
     ニッポン人なワタシですから。
     お昼ごはんももちろん玄米、
     一晩浸水して、早起きして圧力鍋でシューシュー炊きます。

     おかげで、魔の土曜日、楽しくハツラツお仕事出来ましたー。           

[PR]
by pot-eri | 2012-10-14 00:00 | | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30