紫陽花  ortensia




e0206902_5574424.jpg




   去年の夏の終わりに植えた紫陽花が花をつけてくれています。
  雨の多いブルターニュではあちらこちらで紫陽花を見かけます。
  土地に合った植物なので育てやすい、 と言っても
  常に手をかけてあげられないので、離れている間は心配で心配で、
  でも頑張って冬を越えてくれました。
  白い子は背丈はまだ小さいのに幾つも花をつけて重たそう。
  刈っても刈ってもまわりに蔓延ってくる刺草達にも負けずに、
  きっと隣の柏の木が守ってくれているのだと思います。






  
e0206902_6552566.jpg





   プチジャングルの入り口にウエルカムフラワー(?)として植えた子は、
  ブルーのはずなのに鮮やかなピンクの花になって、私達を迎えてくれました。
  ブルーは難しいと聞いていましたが、ちょっとショック...
  ardoise(石盤石)が紫陽花のブルーに効果的というので
  お隣の屋根の修理屋さん(ブルターニュの伝統的な家の屋根にはこれを使います)に
  分けていただいたものをトンカチで砕いて、土と混ぜていたのですが
  充分でなかったのか、何か間違っていたのか...
  Din en Bioディナンビオ という名の、Dinanにあるなかなか充実したビオスーパーで
  ブルーの紫陽花用の肥料を見つけたので、諦めずに土の酸性化目指します。
  今年は無理でも、来年はブルーになってね。
  ここは、ブルーと紫のグラデーションになる構想なのです。

  ... そう簡単に人間の思い通りばかりにならないのが 自然 なのですよね。

[PR]
by pot-eri | 2012-07-15 00:00 | 庭しごと | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31