先週のいろいろ divers de la semaine derniere



  
e0206902_5344720.jpg



    先週初めのある日のランチ。
  前の晩の残りのラタトウイユ、
  少し手間でも野菜を別々に炒めてから 合わせて煮込むと
  それぞれの素材の旨味が生きて、ぐっと美味しくなる。
  たっぷり作ったつもりでも、すぐになくなってしまいます。
  スムル(クスクス)と豆腐ステーキ の簡単ワンプレートメニューでした。

  週の中頃から、午後になるとスコールの様な雨という日が週末まで
  ずっと続きました。

  木曜の夜、チェロの先生のご招待で、
  シャンゼリゼ劇場へ、先生の所属するフランス国立交響楽団、
  今シーズン最後の本拠地でのコンサートを聴きに行きました。
  
  入り口で、ブルトンさんの音楽仲間(旧友?)の人(この劇場で働いている)
  とたまたま遭遇して、
  私達のチケットを見せると、「ちょっと待ってて」とウインクして
  何やらブルトンさんの耳元で囁きながら、別のチケットを渡されました。
  プレジデント用のバルコニー席(天皇皇后両陛下用のお席みたいなものですね)!

  周りにはもっと風格があり、お金持ちそうな人がいっぱいいる中、
  申し訳無いです ...
  すっかり気分を良くしたブルトンさん、休憩中にはシャンパンを
  ご馳走してくれました。 
  良いこと続きの夜、 みんなどうもありがとう☆

  フランスのオーケストラの年度末を飾る演目は、
  やはりフランスの作曲家による作品で、
  サンサーンス、ラヴェル、ベルリオーズ...
  先生いわく「招待するのが恥ずかしい」というプログラム、
  何故なのかしら? と思っていたら、最後の〆が、

  『文明堂のカステラ』 !

  アンコールでも、もう一度『文明堂』!
  会場は盛り上がっていましたが、おそらくこのレベルのオーケストラの人達にとっては
  辛いものがあったのだと思います。

  でもこの曲『Gaite parisienne-パリの喜び』といって、
  オファンバックの原曲をマニュエル.ロザンタルがバレエのために
  編曲した、立派なフランスの曲でした。

  そう思いながら、純粋に音楽を聴こうとしても、どうしても
  『カステラ一番、電話は二番』が出てきてしまい、
  翌日も、翌々日もずっと、
  『三時のおやつは文明堂〜♪』 の私でした。

  記憶ってすごいですね。
  
  






 
e0206902_5341176.jpg

[PR]
by pot-eri | 2012-07-08 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30