一年... un an ...

  3.11より一年、日本人にとって重みのある日付が近づき
世界中で集まりや祈り、さまざまな準備が進められている様です。

ここパリでも

 -ノートルダム寺院《日本へのお祈り》 09/03 17h45〜18h15
  ミニコンサート 19h〜19h30

 -東日本大震災追悼パリ集会 〜犠牲者の方々への追悼と復興への祈りと連帯の思いを伝える集い
  (代表: 高田賢三) 11/03 6h30〜7h30 トロカデロ シャイヨー宮広場

 など予定されている様です。

 日本人だけでなく世界中の多くの人々が
集いに参加出来なくても、祈りを捧げてくれればと思います。

 私的にはノートルダムでのお祈りに参加したかったのですが、
どうしても都合がつかず、早朝のトロカデロへ参加するか、
同じ時刻にどこか別の静かな場所で、自分の内と向き合い祈るべきか考え中です。
どちらにせよ、空気の澄んだ早朝の祈祷、瞑想は大切な時となるでしょう。


*       *       *


 お気づきになられた方は少ないのでは、と思いますが、
 ブログのタイトルを変更しました。
 retro futurisme から ancien future へ、
 懐かしい未来という言葉の響きにあるやさしさに、仏語では
ancien future の方がより近い風にふと思いました。
 
 ちなみにこの《懐かしい未来》の言葉の由来については
 次回、お伝えしたいと思います。あまり間を開けずに...ですね。

 

[PR]
by pot-eri | 2012-03-04 00:00 | 地球.環境 | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30